Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

なかなか死なないよ

人類に希望と絶望を

痩せるためには食べ方を少し変えるだけで良いんだよ

グルメ

こんばんは。池浦だよ。

 

僕痩せたんですよ。皆さんの知っている通り。

で、どのくらい痩せたかって言うと15キロくらい。

運動したの?とかストレス?とか色々聞かれるんだけどそんなことではないんだよ。

 

じゃあなんで痩せたの?って話になるけど、それを今日は教えてあげる。

 

最近の広告でありがちな、飲むだけダイエットとか魔法のチアシードとかそんなもんじゃねえ。

僕が紹介するのは食べ方をほんの少し変えるだけのダイエットだ。

 

きっかけ

f:id:ikeryo1182:20170128151927j:plain

僕は痩せようと思って痩せたわけではない。

だってご飯大好きだし運動したくないもんね。

 

そんな僕は社会人になったあと、工場で研修をすることになったの。

まあー工場は辛いわけよ。何が辛いって空気悪いし臭いし。

そして立ちっぱだからね。

そんで、工場の近くの寮に住んでいたわけよ。

その寮がね、ご飯めっちゃ少ないの。まあ少ないって言っても当時の俺の感覚だからね、今となってはそこまで少なくなかったようにも思えてくる。そんな量。

しかも周りにお店なんてなんもないし、コンビニまで歩くと山を越えるし40分かかる。

 

だから、少ないご飯で満腹感を得ようと思ってめっちゃ噛んでたワケ。

満腹中枢を刺激するためには時間がかかるゆっくり食べろ!一口30回は噛め!とかネットに書いてあったからね。

それを鵜呑みにして最初はめっちゃ噛んでたワケ。

 

でもね、30回噛むって結構長い時間かかるじゃないですか、そうすると忘れちゃうんですよ。

ご飯食べてるうちに忘れちゃうんですよ。

世の中のデブたちが、気づくと噛まずに食べてしまうってことにちゃんと噛めって言ってる人たちは一生気づかないんだろうなってこの時思った。

 

まあそんなこんな思いながらも、確実にご飯の量は以前よりも少なくなったわけで僕はこの工場終わった時点で10キロ痩せていた。

入社時87キロだった僕は工場研修ご77キロになっていた。

ご飯を減らすだけでこんなに痩せるの!?!?って感じだよね。

 

ご飯を減らすことの難しさに気づく

f:id:ikeryo1182:20170128151930j:plain

んで、研修が終わったあとはそれほど田舎ではないところに住んでたからご飯をしっかり食べれたワケ。

そうして1週間経ったくらいには1キロだけリバウンドしたの。

 

せっかく痩せたから維持したいなあ!と思った僕は工場の時みたいにご飯を減らせばええんちゃうか!?って思ってご飯を減らす努力をした。

 

でも、これが難しい。

ご飯をたくさん食べたいという欲求が強すぎる。

なんども味わいたいって欲求。

 

じゃあ不味いの食えばいいんじゃん?って思うかもしれないが、それで幸せなの?ってこと。

ご飯って人間が生きる上で一番楽しいし、食べてるときが一番集中してると思うんだよね。

ライオンとか動物だって同じだし。

 

噛むのは時間がかかる

話を戻して、噛む回数を増やすことについて考える。

 

いざ、回数を増やそう!と思っても難しいのは当たり前で、噛んでいる時間ずっと集中していなきゃいけない。

そうなってくると噛むことばっかり集中してご飯が楽しめなくなるわけ。

 

噛む面倒さと食事のつまらなさのダブルパンチを食らうの。

 

一口を最小限にする

そこで、意識している時間を減らそうと思って、僕が考えたのは一口の量を減らすってこと。

例えばラーメンの場合、以前であれば麺10本くらいをズズズーーーーっと吸ってたけど、今となっては2、3本ズズッっと吸ってまた2、3本ズズッっと吸う食べ方をしている。

 

10本吸ってずーっと噛んでいるより、2、3本で吸った方が3回も新鮮な味わいが出来るわけ。

 

池浦調べによると、その味を美味しいと思える回数は決まっているの。

例えばラーメンを食べるときに20回美味しいと感じたらその後の幸福感は右肩下がりになるの。

だから2、3本に分けてなんども食べることによって、味の飽きが早くくるの。

 

味の飽きが早く来ようが遅く来ようが、結局その幸福感の総和って変わらないと思う。

 

また、2、3本ズズッて何回も吸ってると、10本吸ってずーっと噛むのと同じくらい時間がかかる。

だから、ゆっくり食べろっていうルールにも則ってるし、合理的だと思う。

 

だから、決してご飯を減らしたからと言って幸福感を味わう回数が減るわけではないし、時間をかけてご飯を食べられる。

 

それが僕が提案したかったダイエット方法。

 

名前をつけるならば、「一口ダイエット」。

 

俺コピーライター向いてねえな。

 

最後に

まあそんなこんなで工場研修が終わったあとも、ちびちび食うことによって77キロから72キロになった。

 

満腹感が味わいてえんだよ!俺は!っていうデブの鑑も中にはいると思うけど、大丈夫だよと言ってあげたい。

時間かけてゆっくり食べるとマジで満腹感得られるからね。

 

おわり